NY株乱高下 3年1カ月ぶり一時2万ドル割れ 新型コロナ不安高まり

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ニューヨーク証券取引所のトレーダー=2020年3月17日、AP
ニューヨーク証券取引所のトレーダー=2020年3月17日、AP

 17日のニューヨーク株式市場で、ダウ工業株30種平均は続落し、前日終値比の下落幅は一時200ドルを超え、3年1カ月ぶりに2万ドルを割った。ダウ平均は前日16日に過去最大の下落幅となる2997・10ドル安の2万188・52ドルをつけており、新型コロナウイルスの感染拡大による不安心理の高まりで株価が乱高下する混乱が続いている。

 米連邦準備制度理事会(FRB)は15日、事実上のゼロ金利と量的緩和を再開する緊急の金融緩和を決定。新型コロナの感染拡大による経済の悪化を政策総動員で阻止する姿勢を示した。だが、一夜明けた16日のニューヨーク市場は取引開始直後から株価が暴落。主要500銘柄で構成するS&P500株価指数の下落幅が7%に達し、相場安定を図る「サーキットブレーカー」が9、12日に続いて発動され、15分間取引が停止された…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文670文字)

あわせて読みたい

注目の特集