メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小惑星リュウグウはスカスカ 「インスタントコーヒーのよう」 JAXA、英科学誌電子版に発表

探査機「はやぶさ2」で観測した小惑星リュウグウ表面の最高温度。青が低く、赤が高い=ⒸOkada et al.,Nature 2020

 探査機「はやぶさ2」による観測で、小惑星リュウグウは隙間(すきま)が多く「スカスカ」の状態であることが分かったと、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などのチームが17日、英科学誌ネイチャー電子版に発表した。JAXAの岡田達明准教授は「つまんだら細かく砕け散るインスタントコーヒーのようだ」と話す。

 チームは2018年6~10月、はやぶさ2に搭載した赤外線カメラでリュウグウの表面温度を観測。昼は高いところで約60度、夜は低いところで氷点下5…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです