メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小惑星リュウグウはスカスカ 「インスタントコーヒーのよう」 JAXA、英科学誌電子版に発表

探査機「はやぶさ2」で観測した小惑星リュウグウ表面の最高温度。青が低く、赤が高い=ⒸOkada et al.,Nature 2020

 探査機「はやぶさ2」による観測で、小惑星リュウグウは隙間(すきま)が多く「スカスカ」の状態であることが分かったと、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などのチームが17日、英科学誌ネイチャー電子版に発表した。JAXAの岡田達明准教授は「つまんだら細かく砕け散るインスタントコーヒーのようだ」と話す。

 チームは2018年6~10月、はやぶさ2に搭載した赤外線カメラでリュウグウの表面温度を観測。昼は高いところで約60度、夜は低いところで氷点下5…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです