特集

ヘイトスピーチ

特定の民族や人種など人の尊厳を傷つけるヘイトスピーチは、どんな形であっても許されません。なくすためにはどうする?

特集一覧

「ウジ虫○○人」はヘイト 罰則対象を例示 川崎市人権条例の解釈指針

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
川崎市役所=川崎市川崎区で2019年3月5日、市村一夫撮影
川崎市役所=川崎市川崎区で2019年3月5日、市村一夫撮影

 川崎市は16日、ヘイトスピーチのデモに刑事罰を科す人権条例の解釈指針を公表した。デモの摘発は「表現の自由」に関わるため、7月の全面施行を前に判断基準を示した。

 条例で罰則対象になるのは、外国出身者を理由に①居住地域から退去させることを扇動・告知する②生命、名誉、財産などに危害を加えることを扇動・告知する③人以外…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

【ヘイトスピーチ】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集