メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

障害者スポーツの裾野/下 実施率、健常者の半分 場所、道具、支援者…課題山積み

練習に励む電動車いすサッカーの選手たち=横浜市港北区で2020年2月23日、宮武祐希撮影

 スポーツ庁の調査によると、週1回以上スポーツをしている障害者の割合は2割台にとどまり、健常者の半分にも満たない。なぜこれほど差があるのか。どうすれば裾野が広がるのか。

 <まるでスーパーカーみたい! ひとこぎしただけでぐーんと進む。普段乗っている車いすとはスピードが全然違う。風が気持ちいい>

 埼玉県三郷市の小学6年、工藤慧大(あきひろ)さん(12)は2019年12月、東京都内で開かれた体験イベントで初めて陸上競技用車いす「レーサー」に乗り、たちまちとりこになった。先天性の「二分脊椎(せきつい)症」で2歳から車いすを利用する。試乗をきっかけに本格的に陸上競技をしてみたいと思った。母の加織さん(49)は習える場所を人づてに聞いたが、自宅から車で片道2時間近くかかる所だった。近くにないかインターネットで探したが、めぼしい情報は見つからなかった。「やりたいと思っても実際には難しい。親がどれだけ頑張れるかにかかっているのか……」と表情を曇らせる。

この記事は有料記事です。

残り1645文字(全文2069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

  4. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  5. ORICON NEWS 加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんさん追悼「非常に悔しいです」「早すぎるよ」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです