特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

マスク販売の諸田洋之静岡県議に問責決議案 「高額転売助長」 可決の見通し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
9日の記者会見で「今回の件で不快に思われた方に心からおわび申し上げる」と述べる諸田洋之県議=静岡県庁で2020年3月9日午前9時30分、古川幸奈撮影
9日の記者会見で「今回の件で不快に思われた方に心からおわび申し上げる」と述べる諸田洋之県議=静岡県庁で2020年3月9日午前9時30分、古川幸奈撮影

 静岡県の諸田洋之県議(53)=焼津市選出、無所属=がネットオークションにマスクを大量出品した問題で、県議会第2会派「ふじのくに県民クラブ」と公明党県議団の県議が17日、議会運営委員会に問責決議案を提出した。決議案は「ネットでの高額転売を助長させる行為であると言わざるを得ない。道義的、政治的にその責任は極めて重い」としている。県議会定例会最終日の18日に本会議で採決され、可決される見通し。

 県議会事務局によると、県議に対する問責決議案の提案は初めて。諸田県議は新型コロナウイルスの影響でマスクの需要が高まっていた2月4日~3月6日にマスクを89回出品し、約888万円を売り上げたことを認めているが、議員辞職は否定している。決議が可決されても進退に関する拘束力はない。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文623文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集