メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校がオンライン指導に試行錯誤 企業の無償学習サービス提供も

休校期間中の生徒の学習時間を確認する教諭たち=東京都三鷹市の都立三鷹中等教育学校で2020年3月5日午前11時16分、成田有佳撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う一斉休校を受け、自宅での子どもたちの学習リズムを維持しようと、学校が情報通信技術(ICT)を活用した指導に試行錯誤している。一方、通信会社や教育関連会社などが子どもや教師に学習コンテンツなどを無償提供する動きも広がり、国もホームページで紹介するなど後押ししている。

 5日朝、中高一貫の東京都立三鷹中等教育学校(三鷹市)で5年(高校2年に相当)の日本史を担当する高田直人教諭(29)は、都内の自宅でパソコンを開いた。本来は1時間目の授業が始まるタイミングだが、休校中ということで時差通勤制度を利用した。オンライン学習支援サービスを通じ、生徒から「勉強の遅れが心配」とのメッセージが届いていた。生徒たちに、大学入試の過去問をアレンジした日本史の課題を一斉送信し、学校へ出勤した。

 同じ頃、同校の職員室では1年の学年主任を務める島田巧一郎主幹教諭(48)が、パソコンで生徒たちのオンライン学習支援サービスの利用状況を確認していた。「数人の利用時間が少ない。自宅での学習状況を尋ねてみようか」――。

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 原英莉花が優勝 国内メジャー2連勝 女子ゴルフツアーリコー杯

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「これからもよい化学反応を」 高橋大輔の言葉で紡ぐフィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです