被害者「産む、産まないは自由。なぜメス入れた」 旧優生保護法国賠訴訟結審

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北三郎さん=横浜市神奈川区で2020年1月11日、上東麻子撮影
北三郎さん=横浜市神奈川区で2020年1月11日、上東麻子撮影

 旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、東京都在住の北三郎さん(76)=活動名=が国に3000万円の賠償を求めた訴訟の口頭弁論が17日、東京地裁(伊藤正晴裁判長)で開かれ、北さんが「正義、公平な判断を」と意見陳述して結審した。判決は6月30日に言い渡される。

 北さんは中学2年時に不妊手術を受けた。法…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文383文字)

あわせて読みたい

注目の特集