メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校給食が無料に 大阪市立小中で20年度から 新型コロナ対策で前倒し

大阪市役所=大阪市北区中之島1で2019年2月25日、林由紀子撮影

 大阪市の松井一郎市長は17日、2020年4月から市立小中学校の給食費を無償化すると表明した。当初は21年度からの予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策として実施を早めた。子育て世帯の負担を軽減する狙いで、20年度は所得制限は設けず、全世帯を対象とする方針。給食費の完全無償化は、政令市では初めて。

 松井市長は記者団に「学校が休校になり、子どもたちには支出が伴う。保護者の仕事もこの先どうなるかわからない。経済的に非常に苦しい状況で、安心して子育てできる形を作っていきたい」と説明。無償化により、「各家庭で1人当たり年間5万円程度の可処分所得が増える」と強調した。20年度はあくまで暫定措置とし、所得制限など21年度以降の制度設計は、今後議論するという。

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです