切断された猫のしっぽ? これまで死骸3件も 動物愛護法違反で捜査 滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
滋賀県警本部=濱弘明撮影
滋賀県警本部=濱弘明撮影

 15日午前7時ごろ、滋賀県彦根市の民家の駐車場で、猫のしっぽのようなものが落ちているのが見つかり、民家の所有者の男性(44)が17日に県警彦根署に届け出た。しっぽのようなものは腐敗が進み、切断面は人為的に切られたような跡があった。同署は何者かが猫のしっぽを故意に切ったとみて、動物愛護法違反容疑で捜…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

あわせて読みたい

注目の特集