特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

欧州や東南アジアからの入国者に2週間待機要請 新型コロナ専門家会議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
上海からの便で成田空港に到着し、専用の検疫エリアで検疫官から2週間の待機要請や質問票の記入について説明を受ける男性=2020年3月9日午後0時33分、手塚耕一郎撮影
上海からの便で成田空港に到着し、専用の検疫エリアで検疫官から2週間の待機要請や質問票の記入について説明を受ける男性=2020年3月9日午後0時33分、手塚耕一郎撮影

 新型コロナウイルス感染症の政府専門家会議(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)は17日、海外からの帰国者や訪日外国人がウイルスを持ち込む可能性が高まっているとして、感染拡大が深刻な欧州諸国や東南アジアからの帰国者や入国者に対し、入国後2週間は自宅や宿泊施設での待機を求めるよう厚生労働省に要望した。中国や韓国からの入国者に対しては既に要請しているが、政府は欧州連合(EU)や英国などにも拡大する方針。

 専門家会議は、海外での感染やその関連が疑われる人が4日から15日までに46人おり、同時期の国内感染確認者の約1割に上ると指摘。特に10日以降は欧州諸国や東南アジア、エジプトから感染者が入国する例が増加しているとして「帰国者と訪日外国人対応を至急開始する必要がある」との考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文665文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集