メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夫婦別姓で「犯罪増える」 愛媛県議発言、議会は問題にせず 批判相次ぐ

愛媛県議会議会運営委員会に出席した森高康行県議(奥)=松山市一番町4で2020年3月17日午後2時ごろ、花澤葵撮影

 選択的夫婦別姓制度の導入を求める請願に関する愛媛県議会の委員会審査で、自民の森高康行県議(62)が同制度について「犯罪が増えるのではないか」との懸念を示した問題で、当事者からは「人権を無視した偏見で差別的」との声が上がり、ツイッターでも強い批判が相次いだ。

 一方、17日の議会運営委員会では発言を問題視する声は上がらず、議事日程などが協議された。同請願は18日の本会議で採決される。議運委は森高氏ら自民5人と保守系の諸派・無所属5人、革新系無所属1人で構成され、全員男性。請願を紹介した3県議は入っていない。

 30年間事実婚で生活を送り、制度の実現を求めて訴訟を起こすなど活動してきた広島市の恩地いづみさん(64)は「根拠がない事実婚への偏見を垂れ流されることで、平和に、仲良く家族生活を送っている事実婚の私たちは大変傷付く。事実婚と法律婚に価値の違いはない。事実婚…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです