メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「刑法改正議論に性犯罪被害者の声を」市民団体ら 森法相に要望書提出

森雅子法相(左から3人目)に要望書を手渡した刑法改正市民プロジェクトのメンバーら=東京都千代田区で2020年3月17日午後5時50分、塩田彩撮影

 性犯罪に関する刑法改正を求める市民団体でつくる「刑法改正市民プロジェクト」は17日、現行刑法の性犯罪規定の見直し議論の場に、性暴力被害当事者や支援者を参加させるよう求める要望書を森雅子法相に提出した。刑法改正を求める約9万4000人分の署名もあわせて提出した。【椋田佳代/くらし医療部、塩田彩/統合デジタル取材センター】

 刑法の性犯罪規定は2017年に大幅改正され、今年は付則で定められた改正後3年の見直し検討時期にあたる。17年改正では、強制性交等罪(旧強姦<ごうかん>罪)などを被害者の告訴なしで起訴できる「非親告罪」としたほか、親などによる18歳未満の子供への性的虐待は暴行や脅迫が伴わなくても処罰できる「監護者性交等罪」を新設した。

 一方で、19年3月に性暴力事件に関する無罪判決が全国で4件相次いだことをきっかけに、性暴力に抗議するフラワーデモが全国に広がるなど、さらなる法改正を求める声が高まっていた。4件の無罪判決のうち2件は今年3月までに高裁で逆転有罪となり、有識者からは「性被害の実態に即して偏見なく証拠を精査できるよう、裁判官の教育や研修が必要」という声も上がっていた。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文988文字)

椋田佳代

2006年4月入社。京都支局、岡山支局、神戸支局、大阪社会部、生活報道部(現くらし医療部)、くらし医療部を経て2020年4月から東京社会部。

塩田彩

大阪府出身。2009年入社。前橋支局、生活報道部を経て19年5月より統合デジタル取材センター。障害福祉分野を継続的に取材しています。好物は児童文学。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想の住民投票始まる 深夜に大勢判明 大阪市廃止の賛否問う

  2. 伊藤詩織さんが「虚偽告訴」「名誉毀損」? 「書類送検」報道を考える

  3. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. ミス、コピペ続々…予算の無駄削減やる気ない政府 「行政レビュー」誤記 民の監視も阻害

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです