「刑法改正議論に性犯罪被害者の声を」市民団体ら 森法相に要望書提出

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
森雅子法相(左から3人目)に要望書を手渡した刑法改正市民プロジェクトのメンバーら=東京都千代田区で2020年3月17日午後5時50分、塩田彩撮影
森雅子法相(左から3人目)に要望書を手渡した刑法改正市民プロジェクトのメンバーら=東京都千代田区で2020年3月17日午後5時50分、塩田彩撮影

 性犯罪に関する刑法改正を求める市民団体でつくる「刑法改正市民プロジェクト」は17日、現行刑法の性犯罪規定の見直し議論の場に、性暴力被害当事者や支援者を参加させるよう求める要望書を森雅子法相に提出した。刑法改正を求める約9万4000人分の署名もあわせて提出した。【椋田佳代/くらし医療部、塩田彩/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文988文字)

あわせて読みたい

注目の特集