メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リュックに包丁「待ち伏せした」 逮捕の准教授、動機は黙秘 さいたま刺殺 

埼玉県警本部=鈴木拓也撮影

[PR]

 さいたま市浦和区で、さいたま少年鑑別所職員の浅野法代(のりよ)さん(53)が刺されて死亡した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された夫の文教大准教授、浅野正容疑者(51)がリュックに凶器の包丁を隠していたことが分かった。捜査関係者への取材で判明した。「バス停付近で待ち伏せた」という趣旨の話もしており、埼玉県警は襲撃を準備していた可能性があるとみて捜査している。

 捜査関係者によると、浅野容疑者は16日夕、自転車で買い物に出た法代さんを後ろから押し倒し、馬乗りになって刺したとみられる。取り調べに対して「刺したことは間違いない」と認める一方、動機は「言いたくない」と黙秘している。

 また、関係者によると、2人は2019年4月に子ども3人と現場近くの官舎に入ったものの、後に浅野容疑者だけが別居していた。法代さんの家族は「2人は数年前から家庭のことで口論になっていた」と話しているという。

 浅野容疑者は文教大の人間科学部臨床心理学科に所属。犯罪心理学が専門で埼玉犯罪被害者援助センターの理事も務めている。以前は少年鑑別所や刑務所で12年間勤務した。【中川友希、平本絢子、鈴木拓也】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

  4. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  5. ORICON NEWS 加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんさん追悼「非常に悔しいです」「早すぎるよ」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです