メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「かすみがうらマラソン」中止 新型コロナ影響

第29回かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソンで一斉にスタートするランナーたち=茨城県土浦市で2019年4月14日午前9時50分、本社ヘリから渡部直樹撮影

 国内最大級の市民マラソンで4月19日開催予定の「第30回記念かすみがうらマラソン兼国際ブラインドマラソン」(茨城県土浦市、同県かすみがうら市、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社など主催)について、大会実行委員会は17日、「新型コロナウイルスの感染リスクを排除できない」などとして、中止すると発表した。

 実行委によると、開催に必要なマスク、消毒液の確保が難しくなっている上、中高生や企業からのボランティアだけでなく、医療関係者による救護ランナーグループも参加を見送り、安心して走れる状態を保つことが困難と判断した。

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 兵庫、来月1日休業解除方針 新生活習慣「ひょうごスタイル」も公表

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです