メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「かすみがうらマラソン」中止 新型コロナ影響

第29回かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソンで一斉にスタートするランナーたち=茨城県土浦市で2019年4月14日午前9時50分、本社ヘリから渡部直樹撮影

[PR]

 国内最大級の市民マラソンで4月19日開催予定の「第30回記念かすみがうらマラソン兼国際ブラインドマラソン」(茨城県土浦市、同県かすみがうら市、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社など主催)について、大会実行委員会は17日、「新型コロナウイルスの感染リスクを排除できない」などとして、中止すると発表した。

 実行委によると、開催に必要なマスク、消毒液の確保が難しくなっている上、中高生や企業からのボランティアだけでなく、医療関係者による救護ランナーグループも参加を見送り、安心して走れる状態を保つことが困難と判断した。

 エントリーしていた2万558人にはメールや手紙で連絡する。申し込み規約に基づき参加料の返金はないが、参加賞は準備が整い次第、郵送する予定。問い合わせは大会事務局(03・6869・1096)か、土浦市教委スポーツ振興課(029・893・5515)まで。【本多健】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  4. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  5. 保育園や学童保育の休園、休止増え保護者困惑 保育士も疲弊「続けてきたが限界」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです