高熱の千代丸、PCR検査で陰性 大相撲春場所11日目から再出場

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
発熱で休場した千代丸=兵藤公治撮影
発熱で休場した千代丸=兵藤公治撮影

 日本相撲協会は新型コロナウイルス感染拡大の影響で史上初めて無観客で開催している大相撲春場所10日目の17日、高熱のため15日から休場していた西前頭15枚目・千代丸(28)=九重部屋=が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陰性だったと発表した。千代丸は蜂窩織炎(ほうかしきえん)と診断され、11日目の18日から再出場する。

 協会は力士ら協会員から一人でも感染者が出た場合、春場所を中止する方針を打ち出していた。

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文424文字)

あわせて読みたい

注目の特集