メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリス・リードさん心臓突然死 30歳 フィギュア・アイスダンスで五輪3大会に出場

平昌五輪フィギュア団体のアイスダンスSDで演技する村元哉中、クリス・リード組=江陵アイスアリーナで2018年2月11日、佐々木順一撮影

 フィギュアスケートのアイスダンスで五輪3大会に出場した男子のクリス・リードさんが日本時間15日、米国デトロイトで死去した。診断は心臓突然死。30歳だった。日本スケート連盟が17日、発表した。

 父が米国人、母が日本人のリードさんは、姉のキャシーと組んで2010年バンクーバー、14年ソチ冬季五輪に出場。村元哉中とコンビを組んだ18年平昌五輪は日本勢過去最高に並ぶ15位だった。19年に現役引退を表明し、後進の育成に意欲をみせていた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです