メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

世界経済の新常識を実感 BSテレ東制作局チーフプロデューサー 影山秀伸さん

20日放送の初回の一場面。番組で世界各地を取材する小谷真生子キャスター=BSテレ東提供

 「取材をしながら、世界のリーダーたちの間で新しい常識が広がりつつあることを実感しました」

 BSテレ東で今月から始まる開局20周年記念番組「SDGsが変えるミライ」の制作を統括している。2015年に国連のサミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)が、経済界に与えたインパクトを追う情報・ドキュメンタリー番組だ。同局などで長年、経済番組を担当した小谷真生子がキャスターを務め、来年3月まで3カ月おきに計5回の放送を予定している。

 SDGsは貧困や飢餓の撲滅、気候変動対策、女性の地位向上など17の目標から成り、官民挙げての取り組みを各国に求めている。20日放送の第1回では環境問題や働き方に焦点を当てる。「見どころは、1月の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に集まった世界の財界人らの議論。企業活動を通じてこれらの目標を達成することが、どれほど重要視されているかが分かります」

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです