メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 子どもの学習リズム守れ 学校、オンラインで試行錯誤

休校期間中の生徒の学習時間を確認する教諭たち=東京都三鷹市の都立三鷹中等教育学校で2020年3月5日、成田有佳撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う一斉休校を受け、子どもの学習リズムを維持しようと、学校が情報通信技術(ICT)を活用した指導に試行錯誤している。通信会社などが学習コンテンツを提供する動きも広がり、国もホームページで紹介し後押ししている。

 休校になってからの平日の朝、中高一貫の東京都立三鷹中等教育学校(三鷹市)で5年(高校2年に相当)の日本史を担当する高田直人教諭(29)は、自宅でパソコンを開いた。1時間目が始まるタイミングだが、休校中のため時差通勤制度を利用した。オンライン学習支援サービスを通じ、生徒から「勉強の遅れが心配」とのメッセージが届いていた。生徒たちに、大学入試の過去問をアレンジした日本史の課題を一斉送信して出勤した。

 同じ頃、同校職員室では1年の学年主任、島田巧一郎主幹教諭(48)がパソコンで生徒のサービス利用状況を確認していた。「数人の利用時間が少ない。自宅での学習状況を尋ねてみようか」――。オンライン学習に力を入れてきた同校。藤野泰郎校長は「課題も柔軟に変えられる。授業再開まで、学習リズムを崩さないように心がけている」と話す。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです