メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京2020

梶原選手が和光市長表敬 自転車・世界選手権で金 /埼玉

世界王者に与えられる「アルカンシェル」と呼ばれるジャージーを手に、金メダルを披露する梶原悠未選手=埼玉県和光市役所で

 ドイツ・ベルリンで2月に行われた自転車トラック競技の世界選手権女子オムニアム(複合種目)で金メダルを獲得し、東京オリンピック代表の座を確実にした和光市出身・在住の筑波大4年、梶原悠未選手(22)が17日、同市役所を訪れ、松本武洋市長に優勝を報告した。松本市長は「大いに期待しています」と激励した。

 オムニアムは4種目を1日で行い、合計得点で競う。梶原選手は7・5キロを選手全員で走り着順を競う「スクラッチ」で1着、周回ごとに先頭の選手だけにポイントが与えられる「テンポレ…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです