メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

200円「子供弁当」人気 新型コロナ休校、昼食に頭悩ます母親ら「感謝」 ミシュラン掲載の名店 鎌倉 /神奈川

子供弁当を販売する鉢の木新館には子育て中の母親(左)らが続々と訪れる=神奈川県鎌倉市山ノ内で

 ミシュランガイドにも掲載された鎌倉市山ノ内の料理店「鉢の木」(藤川譲治社長)が1個200円の子供弁当「こどもごはん」を発売し、人気を集めている。新型コロナウイルスの感染防止で臨時休校が続き、自宅中心の生活が続く子どもたちの昼食メニューに悩む若い母親や、近隣の子供たちが連日店を訪れ、列を成している。【因幡健悦】

 「鉢の木」は精進料理や会席料理を扱う北鎌倉の老舗。婚礼、法事など催事が営業の中心だが、新型コロナウイルスの影響で予約のキャンセルが相次ぎ、売り上げが激減した。「このままでは仕入れ先や従業員にも影響が出てしまう。何とかしなければ」。そう考えていた藤川社長は「お母さんたちが子供の昼食に困っている。子供弁当、やってみたら」との知人の一言に飛びついた。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです