連載

台風19号・復興の道標

毎日新聞デジタルの「台風19号・復興の道標」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

台風19号・復興の道標

災害ボランティア、無料で受け入れ 小布施に宿泊拠点 学生が「信州ベース」開設 /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
信州ベースの仲間と宿泊所の準備をする宮沢琴南さん(左)=長野県小布施町小布施のオープンシェアスペース「トポス」で
信州ベースの仲間と宿泊所の準備をする宮沢琴南さん(左)=長野県小布施町小布施のオープンシェアスペース「トポス」で

 台風19号の被災地復興に向け、北九州市立大(北九州市)や県内の大学生が、小布施町に学生らの災害ボランティアが無料で宿泊できる拠点「信州ベース」をオープンした。「一人でも多くの若者を被災地に呼び込みたい」と活動地域を広げながら復興を目指す。【ガン・クリスティーナ】

 信州ベース代表で北九州市立大4年の須磨航さん(22)は、社会福祉士の国家試験を控えていたこともあり「ボランティアには行けない」と思いつつ2019年10月20日、名古屋市であった防災関連のイベントに足を運んだ。そこで被災地の実情を知り「使命感に駆られたのかな。行けば自分でもできることがある」と一念発起。長靴など災害ボランティアに必要な道具を調達し、翌日には千曲川の堤防が決壊した長野市穂保に飛び込んだ。

 北九州市の自宅と被災地を行き来する生活の中で「学生間のつながりが薄く、防災について考える機会が少ない」と感じた。災害ボランティアの人手が求められている状況も踏まえ「県外の学生がボランティアに来やすいように」と活動拠点の開設を思い付いた。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文1019文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集