メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 大垣市にマスク25000枚 市内2企業が寄贈 /岐阜

中村慎治社長(左)と山村隆繁社長(中央)からマスクを受け取る小川敏市長=岐阜県大垣市役所で

 新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが品薄状態になっている中、大垣市内のメーカー2社が17日、医療用サージカルマスク2万5000枚(500箱)を同市に寄贈した。小川敏市長は「マスクの在庫が不足し、入手も困難になっている。市民の健康に大きな役割を果たしてくれるよう医療機関や福祉施設などに配布していき…

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. バッハIOC会長 東京オリンピックに自信「ワクチンなしでも安全に開催できる」

  3. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  4. 同性カップル、2府県67市区町が公認 1000組超認定 支援団体「法制化を」

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです