メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

昭和の戦争を語る/61 水没戦死 260人=広岩近広 /大阪

 ベニヤ板製の「震洋艇」による特攻訓練をへて、岩井忠熊さんは第39震洋隊の艇隊長として、石垣島に向けて輸送船で進発した。ところが途中で米軍の魚雷を受け、輸送船が沈没する。岩井さんに回想してもらった。

     ※   ※

 岩井忠熊さん 私たち第39震洋隊員の187人と震洋艇28隻を乗せた海軍徴用船「道了丸」は、1945年3月19日に佐世保を出港します。このあと第45震洋隊が乗りこんだ「鹿島丸」など4隻の貨物船が加わり、船団が結成されました。船団の警備は、5隻の護衛艦と3隻の海防艦と2隻の特設掃海艇です。

 3月22日午後5時10分、屋久島と奄美大島の中間海域で、大音響と同時に強烈な衝撃を受けました。後部の士官室にいた私は吹き飛ばされましたが、すぐに甲板に走り出ます。船の前半部はブリッジもろとも消え、甲板上では血みどろの兵士が、断末魔の声をあげていました。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです