メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

K原さんちの里山探検

/34 ノビル 春の野の恵み味わう /鳥取

ノビル=桐原真希さん撮影

 桐原さんの1番好きな生き物はなんですか? よく聞かれるご質問です。国内外の動植物から肉眼では見えないものまでと、生物は何千万種レベルでいるとされ、正直その中からどれか1番を選ぶことはできません。なので、私はいつもこう答えています。「食べられる生き物が特に好きです」と。

 季節は早春、食べられる草花を楽しむ摘み草シーズンがやってきました。もう気分はワクワクです。枯れ草に紛れて垣間見える新芽についつい足が止まります。日差しを受けて温まった地面より顔を出しているのは、柔らかいヤブカンゾウやヨモギ、カラスノエンドウなどなど。食べられると分かっているだけで、出合うと嬉(うれ)しくなります。その伸びた新芽を見極めるのにやや難航した野草がありました。それがノビルです。

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1289文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです