メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本明川の鳥たち

ヒドリガモ 緋色の顔した冬鳥 /長崎

ヒドリガモ=長崎県諫早市で、足立旬子撮影

 頭が赤褐色で、額から頭頂にかけてクリーム色のラインがあるカモたちが諫早市仲沖町の本明川にいた。日本野鳥の会県支部の寺島正彦さん(65)に聞くと、ヒドリガモだった。頭部の赤い色から「緋色(ひいろ)の鳥」と呼ばれたのが名の由来とされる。

 ユーラシア大陸の寒帯で繁殖し、日本には冬に渡ってくる。海岸や池、…

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  3. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  4. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  5. 保育園の「慣らし保育」やり直し必要 保護者と職場は理解を 緊急事態解除で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです