メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核禁止条約の批准要請 被爆者ら10カ国大使館に /長崎

インドネシア大使館で、核兵器禁止条約の批准を求める被爆者の田中さん(左)

 2017年に国連で採択された核兵器禁止条約の発効を目指し、NGOや被爆者らが16日、東京にあるインドネシアとモンゴルの大使館を訪れ、批准を要請した。現在、35カ国・地域が批准しており、発効には、あと15カ国・地域の批准が必要。今月中に計10カ国の大使館に同様の働き掛けをする。

 被爆者の田中稔子さん(81)=広島市=は、孫の上智大2年、田代咲紀さん(20)とともにインドネシア大使館を訪問。6歳で被爆してやけどを負い、同級生や親族を失った経験を伝えた…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです