メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ
水説

コロナが喜ぶ自国第一=古賀攻

古賀攻専門編集委員

 <sui-setsu>

 毎度ながら「人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証し」という安倍晋三話法はいただけない。主目標と副次効果が入れ替わって、まるで五輪のためにウイルスと闘うような倒錯に陥るからだ。

 文法上は変な言い回しだが、対コロナ戦の行方が国内政治と深く結びついていることはよく分かる。もしも今夏の東京オリンピック・パラリンピックが1年ないし2年延期になったら、「五輪花道論」や「次期首相選び」のスケジュール観を一変させてしまう。

 この構造はどこの国も同じだ。とりわけ気が気でないのは、11月に米大統領再選を目指すトランプさんだろう。好調な株価を踏み台にするつもりだったのに、先週から市場は急降下している。

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文1033文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです