メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

NPT発効から50年

 核拡散防止条約(NPT)が発効してから3月で50年を迎えた。米露の核軍縮交渉や、東西冷戦の終結を経て世界の核兵器数は大幅に減ったものの、「核兵器なき世界」の実現に向けた道のりはまだ遠い。その中で、米露両国が新型核兵器の開発を急ぐなど、新たな軍拡競争が始まる兆しもある。現状と課題を探った。

 NPTは50年間、核軍縮、不拡散における基盤の役割を果たしてきた。核軍縮を巡る議論は、核実験全面禁止条約(CTBT)や国際原子力機関(IAEA)などさまざまな枠組みがあるが、NPTはすべての議論の基盤だ。この体制がなければ、核保有国はどんどんと拡散していったはずで、NPTが果たした役割は大きかった。

 だが、残念ながら現在、世界の核軍縮、核不拡散に向けた足並みがそろっていない。信頼を醸成するどころか、逆に信頼が崩れようという大変残念な状況にある。

この記事は有料記事です。

残り3481文字(全文3851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  5. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです