メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

「自粛第一」から発想転換を=講談師・旭堂南陵・70

 (兵庫県西宮市)

 「コロナ疲れ」という言葉が生まれるまでに至った。新型コロナウイルスによる自粛ムードが広まった結果であろう。しかし、感染が広がる恐れがあるのは、換気のされていない閉鎖された狭い空間に人が密集するような状況だという議論が、政府の専門家会議でなされているとのことだ。

 ただ単に自粛要請を出すだけでは安易すぎないだろ…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 分かれても「民主党」 立憲、国民、衆院比例代表で同じ略称 票は「案分」へ

  3. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  4. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  5. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです