メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビジネスサロン

東電エナジーパートナー・秋本展秀社長

東京電力エナジーパートナー(EP)の秋本展秀社長=東京都中央区の同社本社で2020年3月16日、中津川甫撮影

 東京電力グループの販売子会社として、電力やガスの家庭・企業への売り込みの先頭に立つ。2017年度から掲げたガス販売などの成長領域で4500億円を売り上げる目標について、「今年度末に達成できる状況になった」と胸をなでおろす。

 東電は17年に自由化されたガス小売りに参入。足元で家庭向けガス販売が200万件を突破し、売り上げ目標達成の原動力となった。

 ただ、本業の電気販売では新電力に攻勢をかけられ、値下げ競争を強いられている。「価格競争だけに陥らず、付加価値を提案したい」と語り、再生可能エネルギーの販売強化に意欲を示す。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです