メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もがくパナソニック 津賀社長、異例の9年目へ 成長戦略不発、稼ぎ頭なく

パナソニックの歴代社長の在任期間

 パナソニックは2月下旬、津賀一宏社長(63)の続投を決めた。津賀氏は6月から社長在任9年目に入り、異例の長期政権となる。背景には、肝煎り事業が不振で今後の成長の道筋を示せていないことがあるとみられる。「稼ぎ頭」不在のパナソニックはどこへ向かうのか。

 創業家出身者以外の人物が8年以上、社長を務めるのは、3代目社長の山下俊彦氏(故人)以来。ある幹部は「今後の道筋がつけられないので、辞めるに辞められないのが実情」と明かす。

 パナソニックは、プラズマテレビ事業が不振に陥り、2012年3月期に巨額の最終赤字を計上した。同年6月に社長に就任した津賀氏は、プラズマテレビ事業からの撤退など構造改革を断行。新たに自動車関連の車載事業と住宅関連事業を重点事業に据えた。

この記事は有料記事です。

残り833文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです