連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

eスポーツという新市場=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える「eスポーツ(エレクトロニックスポーツ)」がにわかに注目を集めている。海外では1万人が参加する大会や、賞金が億円台に上る大会も開催されている。市場規模は、全世界で2018年は1000億円、21年には1800億円と予測され、新しいコンテンツ産業として期待されている。

 日本でも、eスポーツへの取り組みが本格化し、一般社団法人日本eスポーツ連合が設立され、競技大会の普及、プロライセンスの発行、選手の育成を行っている。昨年には経済産業省でもeスポーツに関する市場規模等調査を実施し、国内市場規模や、eスポーツの社会的意義等を測ろうとしている。また、障がい者のリハビリテーション等機能回復訓練にもeスポーツを取り入れている病院も出現している。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文716文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集