メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電・原発マネー

/中 第三者委報告 利用された「人権研修」

森山氏と関西電力を巡る動き

 「関西電力幹部に畏怖(いふ)心を抱かせ、影響力を維持、強化する効果をもたらした」。関電の問題を調査した第三者委員会が調査報告書で、そう指摘した会合がある。関電が幹部社員を対象に開いていた「人権研修」だ。その場で長年、講師を務めたのが元福井県高浜町助役の森山栄治氏(故人)だった。

 報告書によると、1988年に主に原発関連の要職に就く役職員を対象に開いた「懇親会」が最初。年1回、福井県内の関電施設などで開かれ、同県幹部も来賓などとして出席したという。「人権問題の今日的課題と原子力を担う企業の安全文化について」といったテーマが掲げられ、森山氏は県が71年から委嘱した「客員人権研究員」として「差別解消」を語った。

 だが、森山氏が参加者の一人を指名して研修内容について尋ね、指名された人が言葉を誤ると、森山氏は「何を勉強してきたのか」と怒鳴りあげたという。研修の終了後には、「先生、本日はありがとうございました」と全員で頭を下げた。報告書は、研修を通じて関電内で「先生」との地位を築いたとしており、問題を受けて辞任した八木誠・前会長も実際に報道陣の前で森山氏を「先生」と尊称した。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅語を考える 国語学者・金田一秀穂さんが読む首相の「姑息な言葉」 すり替えと浅薄、政策にも

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. はやぶさ2カプセルを回収 地球帰還、豪砂漠に着地 JAXA発表

  4. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  5. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです