メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

野上晴香さん=交通安全ポスターデザイン内閣総理大臣賞

野上晴香さん=高良駿輔撮影

 スマートフォン片手にハンドルを握るドライバーを見て驚く歩行者を描いた作品が「交通安全ポスターデザイン」の一般部門A(同乗者を含む運転者向け)で最優秀の内閣総理大臣賞に輝いた。受賞に「高校生活の最後に大きな賞を頂けてうれしい。でも実感が湧かず、本当なのかなと思った」と照れ笑いする。

 「すぐに思いついた」という構図はよく渡る横断歩道を思い浮かべた。「止まれ」の道路標識を参考に赤白2色で絵文字を利用。わずか1時間で仕上げた。母裕恵さん(43)も「受賞なんて半信半疑」と目を丸くする。

 保育園児の頃からアニメの登場人物を描くのが大好き。中学3年の時、「もっと絵を勉強したい」と思い、情報デザイン科がある高校へ。商業デザインとコンピューターグラフィックスを学ぶ中、「お菓子を作る会社がチョコレートの包装を工夫したら売り上げが伸びたと教わり、デザインの奥深さにはまった」。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです