メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

野上晴香さん=交通安全ポスターデザイン内閣総理大臣賞

野上晴香さん=高良駿輔撮影

 スマートフォン片手にハンドルを握るドライバーを見て驚く歩行者を描いた作品が「交通安全ポスターデザイン」の一般部門A(同乗者を含む運転者向け)で最優秀の内閣総理大臣賞に輝いた。受賞に「高校生活の最後に大きな賞を頂けてうれしい。でも実感が湧かず、本当なのかなと思った」と照れ笑いする。

 「すぐに思いついた」という構図はよく渡る横断歩道を思い浮かべた。「止まれ」の道路標識を参考に赤白2色で絵文字を利用。わずか1時間で仕上げた。母裕恵さん(43)も「受賞なんて半信半疑」と目を丸くする。

 保育園児の頃からアニメの登場人物を描くのが大好き。中学3年の時、「もっと絵を勉強したい」と思い、情報デザイン科がある高校へ。商業デザインとコンピューターグラフィックスを学ぶ中、「お菓子を作る会社がチョコレートの包装を工夫したら売り上げが伸びたと教わり、デザインの奥深さにはまった」。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです