メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

百貨店など時短期間を延長 新型コロナ感染防止で

 店員らの新型コロナウイルス感染を防ぐため、百貨店など大型商業施設の営業時間が短縮されているが、さらにその多くが時短期間を月末まで延ばしている。感染収束の兆しがないことや政府のイベント自粛の延長要請を受けての対応という。

 百貨店などは3月初旬から2週間ほどの予定で、店員らに時差出勤させて時短営業をしていたが、多くの店がその期間を延長する。

 高島屋の10店舗・施設▽そごう・西武の全15店舗▽東急百貨店の大半の店舗▽京王百貨店の新宿店▽小田急百貨店の新宿店、町田店――などが3月31日までの延長を決めた。三越伊勢丹は首都圏6店舗で4月3日まで(平日のみ)延長し、東武百貨店やルミネは「当面の間」として期間を定めていない。

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです