メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知はリニア見据え高止まり 岐阜、三重は観光地復調 公示地価 

愛知県内の商業地で地価が最も高かった名古屋市中村区名駅4-7-1(ミッドランドスクエア)=2020年3月12日、黒尾透撮影

 18日発表の公示地価で、愛知県はリニア中央新幹線開業を見据えて住宅地が8年連続、商業地が7年連続上昇した。上昇率は前年比で住宅地0・1ポイント、商業地0・5ポイント縮小し、3大都市圏で東京、大阪圏の上昇率が拡大したのとは対照的だ。岐阜、三重両県はともに28年連続で下落した。

 全国の上昇率10位内に名古屋市の住宅地2地点(中区丸の内3、同区上前津2)が入った。名古屋駅周辺や栄地区で新規開発地が限ら…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 東京の感染者、新たに10人確認 50人以下は21日連続

  5. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです