メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

略奪行為に備え? 米国で銃の売り上げ急増 新型コロナ感染拡大で

銃販売店前で列を作り入店を待つ人々=米西部カリフォルニア州ロサンゼルス近郊で2020年3月16日、福永方人撮影

 新型コロナウイルス感染が拡大する米国で、銃や弾薬の売り上げが急増している。人々が食料や日用品の買いだめに走る中、略奪行為に備える自衛のための動きとみられる。西部カリフォルニア州など感染者が多い地域の銃販売店では行列ができており、社会不安の高まりがうかがえる。

 カリフォルニア州ロサンゼルス近郊の銃販売店前では16日、混雑する店内に入りきれなかった数十人が列を作っていた。一方で、マスクを着けたり、服で鼻と口を覆ったりした人が銃や大量の弾薬を購入し、店から出てくる姿も見られた。

 拳銃を買いに来たソフトウエアエンジニアのオーウェンさん(48)は「みんな不安で神経質になっていて何が起こるか分からない。銃を持つのは初めてだが、もしもの時に家族を守るため武装せざるを得ない」と話した。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです