メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ「人出、マスクの不足深刻」 外来受診制限は6割 北海道保険医会調査

マスク=ゲッティ

 一般社団法人「北海道保険医会」は17日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う診療体制や経営への影響について、道内にある病院を対象にした緊急アンケートの結果を公表した。マスク不足や経営に対する不安がある中、約6割の病院が外来受診を制限していると回答した。【澤俊太郎】

 同会によると、新型コロナウイルスに対して特別な対応をしているか▽外来患者の受診制限をしているか▽一斉休校で職員確保の影響があったか――などに関し、医療法人が運営する入院設備のある道内291の病院を対象に調査。うち半数の146の病院から回答があった。

 「新型コロナウイルスへの特別な対応をしている」と回答したのは88・4%。「何らかの外来受診制限をしている」は57・5%だった。受診制限の主な内容は「新規で発熱37・5度以上は受けない」「電話時、感染を疑う場合は相談窓口に案内」「風邪の症状は別室、対面治療は行わない」など。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです