メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

膵炎治療薬、新型コロナ治療に効果か 人への試験投与へ 東京大研究チーム発表

記者会見する東京大の五神真学長(右から2人目)=東京都文京区で2020年3月18日

 東京大の研究チームは18日、既存の膵炎(すいえん)治療薬「ナファモスタット」で、新型コロナウイルス感染症の治療効果を得られる可能性があると発表した。感染初期にウイルスが人の細胞に入るのを防ぐ働きがあるとみており、国立国際医療研究センターなど複数の医療機関で、人への試験的投与を含む臨床研究を予定している。

 コロナウイルスの仲間の中東呼吸器症候群(MERS)では、既に同様の効果を確認していた。成分が似ている別の膵炎治療薬「カモスタット」については、ドイツの研究チームが同様の指摘をしているという。

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で過去最多2686人の感染確認 新型コロナ 2500人超えは3日連続

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです