メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

膵炎治療薬、新型コロナ治療に効果か 人への試験投与へ 東京大研究チーム発表

記者会見する東京大の五神真学長(右から2人目)=東京都文京区で2020年3月18日

 東京大の研究チームは18日、既存の膵炎(すいえん)治療薬「ナファモスタット」で、新型コロナウイルス感染症の治療効果を得られる可能性があると発表した。感染初期にウイルスが人の細胞に入るのを防ぐ働きがあるとみており、国立国際医療研究センターなど複数の医療機関で、人への試験的投与を含む臨床研究を予定している。

 コロナウイルスの仲間の中東呼吸器症候群(MERS)では、既に同様の効果を確認していた。成分が似ている別の膵炎治療薬「カモスタット」については、ドイツの研究チームが同様の指摘をしているという。

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 菅長官、ワクチン「まずは国内で製造販売」 国際枠組みでは「優先供給されない」

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです