メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋市、デイサービス休業要請期間を延長せず 予定通り20日まで

デイサービス事業者への休業要請期間を延長しないことを発表する名古屋市の河村たかし市長=名古屋市中区三の丸の市役所で2020年3月18日午後3時11分、野村阿悠子撮影

 名古屋市は18日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため市南東部のデイサービス事業者に要請している一斉休業の期間について、延長はせず、予定通り20日までとすると発表した。市は、複数の同事業所を介する感染者の「福祉施設クラスター(集団)」について、ここ数日の感染確認者数が少ないため「終息の兆候が見られる」と分析。デイサービス休業による介護現場への負担も考慮し、延長しないことを決めた。

 デイサービス事業者には、国と調整した上で休業期間中の収入を補塡(ほてん)する。また、河村たかし市長は18日、休業に伴う介護のため仕事を休まざるを得なかった利用者の家族らの収入についても「補償せないかん」と述べ、市独自の対策を講じる方針を示した。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです