特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

労使交渉は「不要不急」か 新型コロナで相次ぐ延期 都労委の「対面調査」なども停止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「フリーター全般労働組合・キャバクラユニオン」に届いた通知文のコピー=東京都千代田区で2020年3月17日、山口朋辰撮影
「フリーター全般労働組合・キャバクラユニオン」に届いた通知文のコピー=東京都千代田区で2020年3月17日、山口朋辰撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、政府が「不要不急の外出」の自粛を呼びかけていることに伴い、会社と労働者間の労使交渉に影響が出ている。個人加盟の組合が、企業側から団体交渉の延期を一方的に通知されたり、紛争の解決を手助けする都道府県の労働委員会で、あっせんや審問の業務が停止したりするケースも出ている。労使交渉は「不要不急」なのだろうか。関係者に取材した。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】

団体交渉は「必要で火急」

 2月27日、東京都渋谷区のビルで、初めての団体交渉が開かれる、はずだった。

 都内のキャバクラ店員だった50代の女性が、未払い賃金や休業補償などを求め、店側と話し合う約束をしていたが、店側の男性は姿を現さず、男性の携帯電話にかけても、応答がなかった。翌日、女性を支援する「フリーター全般労働組合・キャバクラユニオン」に店側から届いた封書には、こう書かれていた。

 「昨今コロナウィルスの蔓延(まんえん)で、安倍晋…

この記事は有料記事です。

残り1631文字(全文2044文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集