メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

嵐電「等持院」駅、改称で日本一長い駅名に 読み仮名26字 20日から

2020年3月20日からの駅名板=京福電気鉄道提供

 「嵐電(らんでん)」の名で知られる京福電鉄の北野線「等持院(とうじいん)」駅(京都市北区)が20日から「等持院・立命館大学衣笠キャンパス前(とうじいん・りつめいかんだいがくきぬがさきゃんぱすまえ)」駅に改称される。読み仮名は26字で全国最長、文字数は「・」含め17字で1位タイとなる。

 これまで読み仮名が最も長かったのは茨城県・鹿島臨海鉄道の「長者ケ浜潮騒はまなす公園前」駅と、熊本県・南阿蘇鉄道の「南阿蘇水…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 「次期総裁は岸田氏か石破氏」 小泉純一郎元首相と山崎拓氏が一致

  5. 靖国参拝の小泉進次郎氏「大臣になってもちゅうちょなかった」 4閣僚が参拝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです