メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全仏オープンが9月に延期 外出禁止宣言で当初日程では準備できず

全仏オープンはクレーコートで行われる=フランス・パリのローランギャロスで2019年6月7日、浅妻博之撮影

[PR]

 フランス・テニス連盟は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、5月に開幕予定だった4大大会第2戦の全仏オープンの日程を9月20日~10月4日に延期すると発表した。フランス政府は16日にウイルスの感染拡大を抑えるため、17日から15日間の外出禁止を宣言。大会主催者は当初予定した5月24日~6月7日の日程では準備を進められず、開催できないと判断した。

 テニスのツアーを統括する男子のATPは4月26日まで、女子のWTAは5月2日まで大会中止を決めている。全仏オープンの主催者は「全ての人の安全と健康を守るために協力しなければならない」との声明を発表した。

 東京オリンピックの出場権は全仏オープン終了時点の6月8日付の世界ランキングで決定するとしてきたが、日程変更により見直される可能性もある。【浅妻博之】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです