メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Ball STORY

ダルも認めるフレーミングが「自分の武器」阪神・坂本の捕球論

「フレーミングの名手」と呼ばれる坂本=沖縄県宜野座村で2020年2月1日午後0時21分、田中将隆撮影

 迷わず、球審が右手を挙げた。2月24日、沖縄県浦添市で行われたヤクルト―阪神のオープン戦。九回、阪神の秋山拓巳投手が投じた外角低めへの際どい直球を、捕手の坂本誠志郎捕手(26)は球審の目に留まらないよう、ミットをわずかに内側に寄せながら捕球。見逃し三振を奪った。

 坂本が「自分の武器」と語るのが、フレーミングだ。これは、際どいコースのボール球を、球審にストライクと判定してもらえるよう巧みにキャッチングする技術。近年、米大リーグで捕手の評価指標の一つとして注目を集めている。パ・リーグ球団のあるバッテリーコーチは選手への指導にも生かしており「(指標として)曖昧なところもあるが、大リーグでは年間100球のボールをストライクにするのは、10勝の価値があると聞く」と説明する。

 坂本はフレーミングの名手として必ず名前が挙がる一人だ。今年1月には、米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手が、ウェブメディア「REAL SPORTS(リアルスポーツ)」のインタビューで「(坂本は)うまいですよね。あの人を見ていると気持ちがいいし、どんなフレーミングなのか、一度投げてみたいですよね」と語った。

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文1105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. ハナマウイ、痛い走塁ミス 初白星ならず 四国銀は13大会ぶり2勝目 都市対抗野球

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです