特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

/4 復興 被災地巡る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1964年東京大会のメダルを首に掛け「伴走なしで走ります」と話す岩崎博さん(手前)と妻敏子さん=熊本県八代市の自宅で2020年3月6日午後2時38分、山本泰久撮影
1964年東京大会のメダルを首に掛け「伴走なしで走ります」と話す岩崎博さん(手前)と妻敏子さん=熊本県八代市の自宅で2020年3月6日午後2時38分、山本泰久撮影

 「復興五輪」を掲げた今大会は、東日本大震災で被害を受けた福島県から聖火リレーがスタートする。6月に岩手県や宮城県を通過し、コースには震災遺構などが含まれる。2016年の熊本地震で被災した熊本県では被害を受けた益城町を通るほか、18年の西日本豪雨災害で被災した広島県では被害の大きかった県南部を巡る。聖火リレーでは「Hope Lights Our Way(希望の道を、つなごう。)」をコンセプトに掲げている。

この記事は有料記事です。

残り1617文字(全文1821文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集