メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/296 オランウータン/88 /東京

使用済みの消防用ホースでオランウータンが使うつり橋の作り方を説明する黒鳥英俊さん(中央)=日野市の多摩動物公園で2008年

野生動物保護、退職後も

 上野動物園(台東区)や多摩動物公園(日野市)で約30年、オランウータンやゴリラなど大型類人猿の飼育を担当した黒鳥英俊さん(67)は「人間が野生動物と共生するために自分の経験を役立てたい」と話す。

 黒鳥さんは在職中、何度も転機に立たされた。1980年、ワシントン条約の批准で野生のオランウータンが動物園に来なくなった。90年代、遺伝子などの研究が進み、ボルネオオランウータンとスマトラオラン…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです