東大生産技術研究所、水中ロボで魚礁調査 和歌山・加太沖 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水中ロボットを海に下ろす巻俊宏准教授=東京大学生産技術研究所提供
水中ロボットを海に下ろす巻俊宏准教授=東京大学生産技術研究所提供

 和歌山市加太に研究拠点を設ける東京大学生産技術研究所の研究チームが17、18の両日、加太沖で水中ロボットを使った海中調査を実施した。魚礁の様子やごみの有無などを調べて漁に役立ててもらうことが目的で、研究を主導する巻俊宏准教授は「豊かな海の維持に貢献できればうれしい」と話している。

 同研究所は2018年3月、和歌山市と加…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

あわせて読みたい

注目の特集