メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公立高合格発表 5898人、吉報に笑顔 新型コロナ考慮、HPにも掲載 /和歌山

張り出された合格者の番号をスマホのカメラで撮影する関係者ら=和歌山市太田の県立向陽高校で、最上聡撮影

 2020年度県内公立高校入試の合格発表が18日、行われた。計5898人に吉報が届けられた。今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、各校での掲示に加え、県教委がホームページで全受験生を対象に合否を公表した。一時アクセスが集中して見づらくなる事態も起きた。

 和歌山市の県立向陽高(合格者数200人)では、午前10時からの発表に受験生や保護者ら約30人が訪れた。受験生らは番号を見つけ喜び、スマホで掲示板を撮影するなどしていた。合格した角田優芽さんは「自分の目で見られて安心できた。学校が休みになったり大変だったけれど、合格できてよかった」と話していた。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです