メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公立高55校で7169人が合格 HPアクセス集中 /岡山

 今春の入学者を対象にした2020年度公立高校入試で、一般選抜(第1期)の合格発表が18日にあり、55校で計7169人が合格した。

 今年は新型コロナウイルス感染拡大を受け、ボードでの合格者の受験番号を張り出しをせずホームページで公表したが、アクセスが集中して一時、ページが開けなくなった学校も多かった。受験生には中学校を通じて合格通知が手渡されていたが、掲載終了時刻の正午までに問題が解消できず時間を延長するなど混乱が生じた。

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文842文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです